2017年12月05日

師走・・・

文化会館のエントランスに
恒例のクリスマス・ツリーぴかぴか(新しい)が飾られ、
館内にはクリスマスソングが流れはじめましたるんるん
2017blog tree.jpg
12月です。
師走、年の瀬、大晦日…
と書いていると、
どこか焦るあせあせ(飛び散る汗)気持ちになりますが、
December, Christmas…
等とすると、また違った趣きです。

東金文化会館でもクリスマスコンサートを開催します。
今年で3回目となる「TO−BUNクリスマスコンサート」。
 この日のために結成されたTO−BUNクリスマス合唱団は、地元の合唱愛好家の皆さんにご参加頂いております。暑い夏の日から練習を開始し、男声合唱、女声合唱、混声合唱のスタイルで、それぞれ持ち味を生かした歌声を披露します。
TO−BUNジュニア合唱団もやはり地元のジュニアたち、幼稚園生から高校生のメンバーが、愛らしい歌とダンスをお届けします。
 東金高校声楽部の皆さんや、幕張総合高等学校合唱団の皆さんにもご出演頂きます。爽やかで清らかな歌声はなんともいえない魅力があります、心洗われるような・・・。
 更に特別ゲストに、とてもゴージャスなシンガー、ドナ・バークとジェフリー・トランブリーのお二人を迎えてのクリスマスステージ。ストリングスをはじめとするミュージシャン達もステージを彩ります。

12月23日土曜日14:30開演、
まさにコーラスに包まれる午後のひととき、
東金文化会館で是非!
告知用NEW .jpg


                                        
〈gyomu03〉
posted by staff at 20:34| 事業担当(業務係)から

2017年11月28日

宝くじがハズレでも…

突然ですが、皆さんは宝くじを買ったことがありますか?
さらに、当ったことはありますか?
(売り場のお姉さまの言う、“大きく当る”という意味です。)

買ったことはあっても、当るのはなかなか・・・ですよね。
はずれた時のあの私のお金はどこに行ってしまったのだろう(+_+)、と思いますよね。

それが、なんと、自治総合センターさんはいろいろな形で還元してくれているそうです。

3月9日(金)に行う、

国府弘子×川井郁子 スペシャルコンサート
〜東京オーケストラMIRAIと共に〜

も、宝くじの助成により特別料金になっています。

1階席 一般 2,500円     
※高校生以下 1,500円

2階席 一般 2,000円     
※高校生以下 1,000円

いかがですか?安い!!でしょう?
この機会にぜひ、演奏を聴いてみませんか?
img003.jpg
※お席の確保はお早めに♡

この様なコンサートのほかにも、学校・図書館などの教育施設の整備や、
公園・社会福祉施設などの建設改修なども行っているようです。

う〜ん、そうすると私のあのお金も役に立っているのかなぁ・・・
  めでたし、めでたし・・・(^_^;)


〈gyom yellow〉
posted by staff at 10:26| 事業担当(業務係)から

2017年11月23日

ピアノの音色

みなさま、こんにちは。
ブログへご訪問いただきまして、ありがとうございます。

急に寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、30周年を迎えた東金文化会館ではさまざまな記念事業を実施しております。
この先の記念事業のうちの一つ、
「深沢亮子 ピアノ・リサイタル〜管楽器と共に〜」を楽しみにしています。

両親のレコード盤の中から勝手に聴いていたのが母親お気に入りのクラシック。
当時4〜5歳くらいだったと記憶していますが、
ピアノの音っていいなと純粋に聴いていた覚えがあります。

その後、東金が誇る世界的ピアニスト『深沢亮子さん』の生の演奏を聴き、
レコードとは違う音の響き、
違うピアノなのかと思うほどの深沢さんの音色の美しさに驚きました。

今回のピアノ・リサイタルは、読響や新日フィル首席奏者のメンバーと、
モーツァルトの五重奏曲などのプログラムをお送りする予定です。

美しい音色と音の響きを、みなさまと共有したいと思っています。


東金文化会館開館30周年記念事業/東金青年の家開所45周年記念事業
深沢亮子ピアノ・リサイタル〜管楽器と共に〜
深沢亮子ピアノリサイタル小.jpg

【共演】
金子亜未(オーボエ)
藤井洋子(クラリネット)
吉田将(ファゴット)
日橋辰朗(ホルン)

【プログラム】
モーツァルト
ピアノ、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏曲 変ホ長調 K.452

助川敏弥
桜まじ(2002年)、ジスモンダ(2010〜11年)

ベートーヴェン
ピアノ、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏曲 変ホ長調 作品16

全席自由2,000円 ※未就学児の入場はご遠慮願います。

posted by staff at 12:22| 事業担当(業務係)から

2017年11月12日

東金文化会館の休館日

こんにちは、黒子です。

突然ですが、昭和62年7月に開館した東金文化会館は今年30周年を迎えました
そして30年の月日は良いことばかりではありません。
いわゆる経年劣化による故障です。

先日の11/6(月)の休館日に消防設備の修繕が行われました。
場所は奈落と言われる大ホール舞台の床下で大道具等がしまわれている倉庫のような所です。
5.jpg

そして直した箇所が法令に沿って正しく修繕されているか、消防署員の方に確認してもらう必要があります。
6.jpg

この消防設備の検査ですが、きちんと「非常ベルが鳴るか」を確認しなければならないので、非常ベルが鳴るような事をします。1.jpg
2.jpg

当然ジリリリリーーーーンと「非常ベルが鳴ります。」
4.jpg

ですからこういった修繕や検査はコンサートや会議等でお客様がいらっしゃる時には出来ないので、誰も居ない休館日に行う事になります。3.jpg

東金文化会館では、快適で安全な環境を提供するために各種修繕・メンテナンスを定期的に行っています。
posted by staff at 20:50| 舞台担当(施設係)から

2016年07月07日

第4弾 よもやま噺の会、今回は舞台で!

連日の暑さと湿度でまいっているGREENです。

今回は7/2(土)に開催された、
1520_0.jpg
の会場作りについての記事です。

[][][][][][][][][][][][][][][][][]][][][][][]
@「噺家さんとより近い距離で!」
➁「本番終了後には噺家さんを囲んでの茶話会有り!」
というコンセプトで企画されたよもやま噺の会。
当初の案では第2和室で…
washitu2_1.jpg
というものでしたが、収容人員の関係で、
第1弾は会館2階の第2会議室に舞台を特設し、人数限定で開催。
第2弾は展示室の一画を仕切り、その中に舞台を特設。
第3弾は緞帳を降ろした小ホール舞台上にお客様をすべて収容し開催。
回を重ねるごとにチケット発券数を増やし、第4弾の今回は120名限定で開催しました。

当館の小ホール客席収容人員は340名。
shohall1.jpg
フラットエリアが120名、階段状エリアが220名という造りになっています。


「第4弾は小ホールで…」という方針は決定済み。
お客様の見やすさを考慮し、階段状エリアを客席として、
フラットエリアのイスを全て撤去してそのスペースに舞台を特設して…と考えていましたが、
今回の出演者、雷門助六さんの「あやつりカッポレ」の動画を確認したところ、しっかりした強度の床面が必要だと感じ、通常の舞台を使用する方向に変更しました。

通常の舞台を使用し、お客様に階段状エリアに入っていただくとなると、
よもやま噺のコンセプト@「噺家さんとより近い距離で!」を満たせなくなってしまいます。
そこで、お客様にはフラットなエリアに入っていただき、階段状エリアは隠してしまおう、ということにしました。

DSC_2308.JPG
折り畳みパーテーションを階段の3段目に展開し、フラットエリアからはかなり高さのある目隠しとしました。

防災上の措置として、非常口の案内板は見えるように、また避難通路は確保します。
DSC_2297.JPG

目隠しより後ろの座席は、舞台に敷く「黒地絣布」で覆います。
DSC_2296.JPG

DSC_2295.JPG
こうすることにより、使用しないエリアのトーンが落ち、目立たなくなりました。

舞台の方は、高座前に「あやつりカッポレ」を披露できるスペースを確保し、
通常の落語使用時よりも若干奥に高座を設置しました。
DSC_2302.JPG
高さ1尺4寸(約42p)、横幅8尺(240p)、奥行き1間(180cm)サイズ。
平台と箱馬で組み、緋毛氈で覆います。

高座の後方には金屏風を一双。

下手側にはめくり台。
DSC_2301.JPG

舞台袖から高座までの導線に上敷ゴザを敷きます。
DSC_2304.JPG

噺家さんの出囃子、音声の調整は下手舞台袖でオペレート。
今回はBLUEが担当。前座さんと打合わせをしながらの操作です。
DSC_2306.JPG

DSC_2300.JPG

これで第4弾の会場づくりは終了です。
この後、実際に噺家さん達による音声・照明・会場の雰囲気等のチェックが有り、本番を迎えます。

[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]

第4弾の開催にあたり、「よもやま噺」運営を企画時から強力にサポートしてくださっている方が、
DSC_2294.JPG
大きなノボリを作成(手造り!)して下さいました。
字面の大きさ縦240p、幅80p、
照明用スタンドに挿し込んで立てると3m以上の高さになり、迫力があります。
当日は受付左右に一対、設置させてもらいました。ありがとうございました!

このように文化会館の催し物は会館スタッフだけではなく、
多くの協力者様の力で成り立っています。
モギリや会場案内、舞台作りなど多岐にわたるお力添えをいただいています。
ご来館下さるお客様や協力者の方々への感謝を忘れない会館運営をしていきたいと思います。

<舞台担当GREEN



posted by staff at 12:10| 舞台担当(施設係)から