2015年03月06日

催し物のお知らせ

ここのところテレビでもよく報道されていますが、
2月27日に第38回日本アカデミー賞が発表されました。
今年の最優秀作品賞は「永遠の0」が受賞しました。
「永遠の0」百田尚樹さんの作家デビュー作であり、
ジャニーズ事務所V6の岡田准一さん主演の作品です。

そんなタイムリーな話題作「永遠の0」ですが、
5/9(土)に東金文化会館での上映が決まりました!

この機会に劇場での上映を見逃してしまった方も、
もう一度観たいという方も、
アカデミー賞最優秀作品賞なら観てみようかという方もw、
是非是非、東金文化会館の大画面で迫力ある映像と音をお楽しみください!

また、当日は受付で東金文化会館発行のメルマガ受信画面
orツイッターのフォロー画面のご提示で、
各上映回につき先着10名様(同伴者1名様まで)を
お一人ワンコインの500円で鑑賞いただけるイベントを開催いたします!

それでは忘れないように今のうちにメルマガ登録、ツイッターのフォローお願いしまーす!

黒子
posted by staff at 16:34| 会館便り

2015年02月17日

CKB

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「CKB」とは2月28日(土)に東金文化会館でコンサートを予定している「CRAZY KEN BAND(クレイジーケンバンド)」のことです。
今から10年前(!)の2005年に放送された“クドカン”こと宮藤官九郎脚本のドラマ「タイガー&ドラゴン」の主題歌で一躍有名になりました。
俺の話を聞け〜」という歌詞が印象に残っている方も多いと思いますが、クドカン自身がCKBのファンであることから、曲を元にドラマが制作されたそうです。
曲ありきだったとは…今更ながら驚きです。

ボーカルの横山剣さん(54歳)のキャラクターが魅力的でファンも多いのではないかと思われます。
横山氏は神奈川県横浜市の本牧で育ち、幼い頃からジャズやボサノヴァを始めとして様々な音楽に影響を受け、特に矢沢永吉さんのバンド「キャロル」に受けた衝撃は大きかったようです。
CKBはロック、ポップス、歌謡曲、ソウル、ジャズ、ファンク、ブルース、渋谷系(!)、演歌、ロカビリー、ラテン、ボサノヴァ、R&B、AOR、ヒップホップ、アジア歌謡など、多彩なジャンルの要素を取り入れたミクスチャー音楽が特徴で、一言では言い表せない音楽性が魅力ということでファン層も幅広い世代に渡っているようです。
また、横山氏は作詞家・作曲家として和田アキ子さん、高橋克典さん、SMAPなどに楽曲提供をするなど、その才能を発揮されています。
最近ではテレビCMやバラエティー番組にも出演され、活躍の場を広げています。
(NHK教育テレビの「ピタゴラスイッチ」という番組に娘さんと一緒に出演されたことがあるなんて意外でした)

そんな横山剣さん率いる「クレイジーケンバンド」が東金にやってきます。
オフィシャルサイトのブログにはコンサートの模様が写真付きで載っていて、会場が一体となって盛り上がっている様子を見ることができます。
またとない貴重な公演ですので、この機会にぜひ「東洋一のサウンド・マシーン」を生で体感してみてはいかがでしょうか。

(庶務担当 ★)
posted by staff at 15:37| 会館便り

2013年07月04日

エントランスソファーの張り替え

 東金文化会館エントランスホールのソファーの張り替えが完了しました。このソファーは昭和62年開館以来のもので、たくさんのお客様をお迎えしてきた年代ものです。毎日の清掃で清潔に維持してまいりましたが、破れなどが目立ってきました。今まで会館職員の手で補修してまいりましたが、このほど東金市の手配で表皮の張り替えをすることができました。
WS000000.JPG
WS000002.JPG
 明るい色合いになったソファー、大事に管理していきたいと考えます。ご利用の皆様にもご協力いただければ心強い限りです…!

 東金文化会館は(公財)東金文化・スポーツ振興財団が管理運営を行っております。
 皆様からの要望、及び点検による不具合結果をもとに、財団で補修できるもの以外は東金市所管課へ報告し、修繕することになっております。施設も老朽箇所が多くなっていますが、時節柄改修に時間を要することもあります。これからもご利用に支障無いよう努めてまいりますので、皆様のあたたかいご理解とご支援をお願い申し上げます。
 
 今後、女子トイレの一部洋式化も行われる予定です。
 皆様のご来場を心よりお待ちしています。
posted by staff at 08:54| 会館便り

2013年06月15日

裏方のススメ

4月から6月にかけて行われたURAKATA協力隊「今日から始める舞台スタッフ」は4回の講習と、
ダンスイベントの裏方スタッフとして前日の仕込みの作業から本番の照明操作などを実践して
頂くという内容で、おかげさまで参加者が定員に達し好評を頂いております。

今回の事業を通し、舞台の裏方という仕事に興味を持っている人というのは意外に多いと
感じています。
以前、舞台担当として裏方の仕事をした経験があり、クラシックのコンサートや歌謡ショー、
演劇の公演などの舞台裏を見たことがあるのですが、
他の文化施設に催し物を観に行った際に、舞台装置や音響・照明の設備が
気になるようになりました。

開演前の待ち時間に、どこに照明の調光室があってどこに音響の調整室があるのか
会場を見回したり、スタッフの方がどのような動きをしているか観察したりしています。
本番中は舞台上の出演者にスポットライトを当てるタイミングや、照明の色の組合わせや
演出の仕方など、裏方の目線で見てしまうことがよくあります。
また、表方の受付スタッフの対応も参考になる点があり、勉強になります。

今回「URAKATA協力隊」に参加された方たちも、観客としてホールなどに行かれる際、
公演を観る楽しみと裏方の目線で見る楽しみと2倍楽しんで頂けるのではないかと思います。


(庶務担当 ★)
posted by staff at 10:43| 会館便り

2013年05月12日

東金文化会館ブログが始まります

東金文化会館ホームページがリニューアルしました。
あわせて会館スタッフによるブログも始まります。スタッフのこぼれ話や
オススメ情報などご紹介していきます。どうぞお楽しみに。
posted by staff at 15:26| 会館便り