2017年11月23日

ピアノの音色

みなさま、こんにちは。
ブログへご訪問いただきまして、ありがとうございます。

急に寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、30周年を迎えた東金文化会館ではさまざまな記念事業を実施しております。
この先の記念事業のうちの一つ、
「深沢亮子 ピアノ・リサイタル〜管楽器と共に〜」を楽しみにしています。

両親のレコード盤の中から勝手に聴いていたのが母親お気に入りのクラシック。
当時4〜5歳くらいだったと記憶していますが、
ピアノの音っていいなと純粋に聴いていた覚えがあります。

その後、東金が誇る世界的ピアニスト『深沢亮子さん』の生の演奏を聴き、
レコードとは違う音の響き、
違うピアノなのかと思うほどの深沢さんの音色の美しさに驚きました。

今回のピアノ・リサイタルは、読響や新日フィル首席奏者のメンバーと、
モーツァルトの五重奏曲などのプログラムをお送りする予定です。

美しい音色と音の響きを、みなさまと共有したいと思っています。


東金文化会館開館30周年記念事業/東金青年の家開所45周年記念事業
深沢亮子ピアノ・リサイタル〜管楽器と共に〜
深沢亮子ピアノリサイタル小.jpg

【共演】
金子亜未(オーボエ)
藤井洋子(クラリネット)
吉田将(ファゴット)
日橋辰朗(ホルン)

【プログラム】
モーツァルト
ピアノ、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏曲 変ホ長調 K.452

助川敏弥
桜まじ(2002年)、ジスモンダ(2010〜11年)

ベートーヴェン
ピアノ、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏曲 変ホ長調 作品16

全席自由2,000円 ※未就学児の入場はご遠慮願います。

posted by staff at 12:22| 事業担当(業務係)から