2017年11月28日

宝くじがハズレでも…

突然ですが、皆さんは宝くじを買ったことがありますか?
さらに、当ったことはありますか?
(売り場のお姉さまの言う、“大きく当る”という意味です。)

買ったことはあっても、当るのはなかなか・・・ですよね。
はずれた時のあの私のお金はどこに行ってしまったのだろう(+_+)、と思いますよね。

それが、なんと、自治総合センターさんはいろいろな形で還元してくれているそうです。

3月9日(金)に行う、

国府弘子×川井郁子 スペシャルコンサート
〜東京オーケストラMIRAIと共に〜

も、宝くじの助成により特別料金になっています。

1階席 一般 2,500円     
※高校生以下 1,500円

2階席 一般 2,000円     
※高校生以下 1,000円

いかがですか?安い!!でしょう?
この機会にぜひ、演奏を聴いてみませんか?
img003.jpg
※お席の確保はお早めに♡

この様なコンサートのほかにも、学校・図書館などの教育施設の整備や、
公園・社会福祉施設などの建設改修なども行っているようです。

う〜ん、そうすると私のあのお金も役に立っているのかなぁ・・・
  めでたし、めでたし・・・(^_^;)


〈gyom yellow〉
posted by staff at 10:26| 事業担当(業務係)から

2017年11月23日

ピアノの音色

みなさま、こんにちは。
ブログへご訪問いただきまして、ありがとうございます。

急に寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、30周年を迎えた東金文化会館ではさまざまな記念事業を実施しております。
この先の記念事業のうちの一つ、
「深沢亮子 ピアノ・リサイタル〜管楽器と共に〜」を楽しみにしています。

両親のレコード盤の中から勝手に聴いていたのが母親お気に入りのクラシック。
当時4〜5歳くらいだったと記憶していますが、
ピアノの音っていいなと純粋に聴いていた覚えがあります。

その後、東金が誇る世界的ピアニスト『深沢亮子さん』の生の演奏を聴き、
レコードとは違う音の響き、
違うピアノなのかと思うほどの深沢さんの音色の美しさに驚きました。

今回のピアノ・リサイタルは、読響や新日フィル首席奏者のメンバーと、
モーツァルトの五重奏曲などのプログラムをお送りする予定です。

美しい音色と音の響きを、みなさまと共有したいと思っています。


東金文化会館開館30周年記念事業/東金青年の家開所45周年記念事業
深沢亮子ピアノ・リサイタル〜管楽器と共に〜
深沢亮子ピアノリサイタル小.jpg

【共演】
金子亜未(オーボエ)
藤井洋子(クラリネット)
吉田将(ファゴット)
日橋辰朗(ホルン)

【プログラム】
モーツァルト
ピアノ、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏曲 変ホ長調 K.452

助川敏弥
桜まじ(2002年)、ジスモンダ(2010〜11年)

ベートーヴェン
ピアノ、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏曲 変ホ長調 作品16

全席自由2,000円 ※未就学児の入場はご遠慮願います。

posted by staff at 12:22| 事業担当(業務係)から

2017年11月12日

東金文化会館の休館日

こんにちは、黒子です。

突然ですが、昭和62年7月に開館した東金文化会館は今年30周年を迎えました
そして30年の月日は良いことばかりではありません。
いわゆる経年劣化による故障です。

先日の11/6(月)の休館日に消防設備の修繕が行われました。
場所は奈落と言われる大ホール舞台の床下で大道具等がしまわれている倉庫のような所です。
5.jpg

そして直した箇所が法令に沿って正しく修繕されているか、消防署員の方に確認してもらう必要があります。
6.jpg

この消防設備の検査ですが、きちんと「非常ベルが鳴るか」を確認しなければならないので、非常ベルが鳴るような事をします。1.jpg
2.jpg

当然ジリリリリーーーーンと「非常ベルが鳴ります。」
4.jpg

ですからこういった修繕や検査はコンサートや会議等でお客様がいらっしゃる時には出来ないので、誰も居ない休館日に行う事になります。3.jpg

東金文化会館では、快適で安全な環境を提供するために各種修繕・メンテナンスを定期的に行っています。
posted by staff at 20:50| 舞台担当(施設係)から