2016年06月01日

サツキ

舞台担当GREENです。
今回は薄暗い舞台から明るい太陽の下に這い出ての記事です。
---------------------------------------------------------
東金文化会館は自然豊かな森の入り口に位置し、敷地内にもたくさんの木々が植えられています。
その木々の代表格は桜です。春には満開となり、とても良い雰囲気になります。
会館前広場のベンチでゆっくりと桜を眺めたことのある方も多いのではないでしょうか。
東金文化会館HPも桜のイメージを散りばめ、デザインされています。

会館敷地内で「満開」となる花に、もう1種、サツキもあります。
こちらは5月下旬頃から満開の時期を迎えています。
DSC_2288.JPG

DSC_2287.JPG

DSC_2289.JPG
普段地味なサツキがこんなに華やかに変身するのは驚きです。
DSC_2287.JPG

DSC_2286.JPG
会館前の道路からもサツキの様子がよく見えますので、
この時期、市街から八街方面へ向かう際には文化会館にちょっと視線を移して見てください。

<舞台担当GREEN
posted by staff at 09:21| 舞台担当(施設係)から